経費を抑えるプリンタートナー選びの方法

様々な場面

免許が要らない高性能遠距離使用可のトランシーバー

無線機は通話などに必要な線を使用せずに通話が出来る通信手段のことであり無線と呼ばれているものそれにあたります。無線を行うためには免許が必要となります。近年、防災意識と危機管理対策が高まっている日本国内ではIP無線機が登場してきました。IP無線機は免許や資格が要らずに使用できます。日本の携帯電話会社で2014年から代理店を通して販売が始まりました。IP無線機は、携帯電話の通信網を利用して送受信を行えるため携帯の電波が届くところであればどこでも通話が可能であります。大災害の時に携帯電話がつながらなかったという教訓から生まれた技術ですが、回線経路により携帯電話のように明瞭な音を拾って会話できるかどうかというところに課題が残ることと契約先電話会社専用のUSIMカード使用ということがあります。

何かの時に頼みの綱となるIP無線機の利用料金は

災害時に電気の制限や通信手段の倒壊により連絡が取れない時、呼びかけに活躍したものにラジオと無線がありました。ラジオ放送も放送無線電話といい、機器さえ持っていれば呼びかけ対応には強いものであります。無線は、相手も機器を持っていれば呼びかけと応答ができるものですが、資格免許の取得が無いと扱えず無線局として機器を準備すれば価格も高額になります。IP無線機は次世代型のトランシーバーと言われています。日本全国という遠距離でも会話が出来る高性能のトランシーバーと言えるでしょう。従来の無線機とは変わって資格免許がいらないということや、携帯電話会社との契約で月額料金で保有できるという画期的なものです。GPS機能も有る他、緊急車両やタクシーなどとも会話ができます。


Copyright© 2015 コピー機などオフィス機器も経費削減OK|中古購入がベスト All Rights Reserved.